10年後の子供の健康を決めてしまうものとは

      2016/04/09

子供

在、子供の生活習慣病が増えています。
昔なら大人の病気だったものが子供にもおきるようになって来ました。
食生活が変わってきたからです。

あまり運動せずに、甘いものばかり食べていると子供でも糖尿病や肥満になります。

あなたのお子さんは大丈夫ですか?

子供が好きだからと言って甘いものばかり食べさせてはよくありません。

そして、大切なのに多くの人が気にしないものがあります。

5年後、10年後のお子さんの健康を決めてしまうかもしないものがあるのです。

 

10年後のお子さんの健康を決めるのは水です

 

おそらくあなたは「そんなバカな」と思うでしょう。
たかが水を気にするなんて、大げさだ。
と思うかもしれません。

では、質問です。
私達人間は食べ物や飲み物から毎日どのくらいの水分を取り入れているのでしょうか?

 

ミネラルウォーター

答えは約2リットルです。

 

人間の体は水でできている。

 

人間は体重の4~5%の水を毎日出しては取り入れています。

人間の体の60%は水です。
子供の場合は体重の70%が水なのです。

人間の体は水をたっぷり含んだスポンジの様なもの。
子供の体がみずみずしいのは水のおかげなんです。

体の7割をつくる成分がよくないものを使っていたらどうなるでしょうか?

有機野菜や健康食品。どんなにいい食べ物を食べていても。
せいぜいカラダの3割です。
体の基本になる水が悪かったら意味はありません。

汚れた川に魚は住めませんよね。
あなたのお子さんの体は7割が水なのです。
水があるから骨や筋肉が成長し、内蔵が元気に働けるのです。

でも水道水があるから大丈夫

 

と思ってませんか。

確かに水道水は消毒された衛生面にすぐれた水です。

消毒には「次亜塩素酸ナトリウム」を使ってます。
いわゆる「カルキ」です。

触れた細菌を一瞬で殺す強力な消毒剤です。
だから水道水には雑菌がいません。
でも、蛇口から出てくる水にはまだカルキが残っています。

水道

カルキだけではありません。
トリハロメタンという発がん性物質も入っているのです。
トリハロメタンはカルキと水の中の不純物が反応してできます。

もちろん、水道局だって危ないと分かっていたら放置していません。
カルキやトリハロメタンの濃度は人間の体に影響がない濃度に管理されているといいます。

でも、ゼロにはできません。
統計的には問題のない濃度でも、微量でも入っているのです。

世の中には化学物質に敏感な人もいます。
あなたのお子さんはアトピーやアレルギーを起こしていませんか?
アレルギーを起こす人は化学物質に敏感な人です。

普通の人には問題がない濃度でも、アレルギーのお子さんには毒になるのです。

アレルギーやアトピーで苦しんだ経験のある人や、お子さんがいるならよく分かると思います。
トリハロメタンはアレルギーをひどくする物質とも言われています。

トリハロメタンは数分だけ加熱すると3倍に増えます。
水道水に入っているカルキと微量の不純物が反応するからです。

トリハロメタンは10分以上沸騰させるとなくなります。

でも、水道水を使うたびに10分以上沸騰させるのは手間ですよね。

 

マンションや集合住宅の水は汚れている

 

確かに水道の水はきれいに除菌されています。
でも、マンションや集合住宅の水は注意してください。

水道をいったんタンクに溜めて、各家庭に送っています。
中にはタンクの管理がいい加減なマンションや集合住宅があります。
管理の十分でないタンクの水は汚れている可能性があります。

貯水槽

もちろん、明らかに見た目が変な水はないと思います。

夏場になると水がくさくなることはありませんか?
それは、藻や雑菌が繁殖しているからです。

雑菌のいない水という水道水のメリットがなくなったら。
何のための水道水かわかりませんよね。

 

健康ブームでも一番大切なことが知られていない

 

現在は健康ブームですよね。
あなたも健康番組をよく見ているのではありませんか。

でも、水について特集した番組はありませんね。
なぜだか分かりますか?

それは、即効性がないからです。

テレビはすぐに効果があるものだけを取り上げます。
その方が視聴者にインパクトがあってウケるからです。

でも、水の影響は長い時間かけないとわかりません。

今すぐ体重を落したい。動脈硬化が気になる。
流行ってる風邪にかからないようにしたい。
と思う人は多くても。
10年後の健康を気にする人はいません。

でも、これから成長するお子さんに必要なのは。
5年後、10年後の体質がどうなっているか。
だと思いませんか。

子供

 

東京医科歯科大学名誉教授で感染免疫学や腸に詳しい。藤田紘一郎先生は著書の中でこう書いてます。

“「体をつくる水は」10年後を若返らせ、「壊す水」は10年後を老いさせる”
  藤田紘一郎,”体をつくる水、壊す水”,ワニブックス より。

著書の中で藤田先生は「壊す水」を「水道水」だと書いてます。

このように、一部の医師が水の重要性を訴えていますが。
今日飲んだから数日で効果が分かるというものではないので注目されていません。

ところが、健康に関心のある人たちの間ではすこしずつ水にも気をつける人は増えています。

だからといって「水素水」とか「還元水」のような高価な水を飲む必要はありません。

普段飲む水を自然な水に変えればいいのです。

 

飲み水は意外とたくさん使います

 

日常的に使う飲み水となると、ペットボトルでもいいのですが。
毎日使うと、ゴミになるペットボトルが増えます。

1日コップ一杯(200ml)飲んだとしても。1カ月で6リットル。
家族4人で1月24リットル。
実際にはその何倍も飲むでしょう。

そこで人気があるのは。
ウォーターサーバーなんです。

家族構成やどのくらい水を飲むのか人によって違います。
ペットボトルで十分というのならペットボトルの水でも問題はありません。

 

じゃあ、どんな水を飲めばいいの?

 

世の中には、たくさんの水が売られています。
たくさんのペットボトルやウォーターサーバーの水が売られています。
多くは大人のための水です。

お子さんにいい水というのは。
自然に近い水です。

ミネラルたっぷりの水は体質改善に役に立ちますが。
慣れていない人はおなかを壊したりします。

日本の水は「軟水」という水です。
外国の水に比べるとミネラルは少ないですが。
適度に入っているので赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲める水です。

 

ウォーターサーバーに多いRO水なら大丈夫なの?

 

ピュアウォーターという水もあります。
自然の水をイオンまで取り除ける特殊なフィルターでろ過した、混ざり物のない水です。
もともとは精密機器を洗うためにつくられた水です。
人間のために作った水ではありません。
ピュアウォーターとか、RO水という呼び方もします。
RO水とは逆浸透膜という特殊なフィルターを使うことからこう呼ばれています。

ウォーターサーバーの水として使われることが多いです。

混ざり物が一切ない水ということで赤ちゃんの水に使う人もいますが。
水道水よりもミネラルが少ない不自然な水なのです。

 

藤田紘一郎先生も著書でこのように書いています。
「幼児のミルクに使う人も多いですが、逆にカラダにあるミネラルを溶け出せせてしまう恐れがあります。溶解度が高く、溶存酸素も少ないので発育にあまりよくありません」
 藤田紘一郎,”カラダを壊す水 活かす水”,英和MOOK より。

藤田先生は著書の中で硬度40以下の水を進めています。
硬度とはミネラルの量をあらわす数字です。

ウォーターサーバーの中には。逆浸透膜で処理したミネラルのない水に、人工的にミネラルを加えた水を使っているところもあります。

でも天然の水を飲むのが一番です。

 

天然水なら何でもいいの?

 

天然水といっても種類はたくさんあります。
一番多いのは富士山の水。

確かにおいしい水ですし、大人が飲むには向いています。
でも、発育途中のお子さんが飲むには不安があります。

それは「バナジウム」が入っているからです。

「バナジウムってカラダにいいんじゃないの?」

と、思うかもしれません。

でも、バナジウムには中毒症状があります。

バナジウムの入った水は赤ちゃんや妊婦さんの水には使わないようにと「国立健康・栄養研究所」が発表しています。

バナジウムは糖尿病などの生活習慣病が気になる大人にはよいミネラルですが、
成長途中の子供には必要ありません。

コーヒーは大人にはいいけど、子供にはよくないですよね。
それと同じです。

コーヒー

 

ミネラルウォーターに入ってる量では中毒になることはありませんが、
何年も飲むことを考えるとない方が安心できます。

バナジウムの入った水を飲むのは成長が止まってからにしましょう。

 

富士山の次に多いのが、九州の水です。
阿蘇山や霧島、大分の水は栄養豊富なミネラルが含まれているものが多いので人気があります。
でも硬度の高い水が多いのでお子さんが日常的に飲む水には向いてません。

もちろん慣れれば飲めるようにはなります。もし、せっかく設置したウォーターサーバーの水がおいしくないと言って飲んでもらえなかったら無駄になりますね。

水を選ぶときには家族の誰が飲んでも安心できる水を選んだほうがいいですよ。

それ以外にこのミネラルがとりたい。
というときはペットボトル入りの水を買って飲みましょう。

たくさんあるウォーターサーバーの水で、
お子さんに飲ませても安心な水を探してみました。

 

日常的に子供に飲ませても安心できる天然水は何?

 

それは京都の水です。

日本人が慣れ親しんでいる軟水なので誰にでも飲みやすい水です。
バナジウムといった特別なミネラルは入ってません。だから誰でも安心して飲めます。

京都の天然水もいくつかのメーカーが出していますが。
注文のしやすさ。値段。評判のよさ。で選ぶと。
コスモウォーターというメーカーがおすすめです。
ウォーターサーバー業界でも人気の高いメーカーです。
たまごクラブ・ひよこクラブ のウォーターサーバー部門で、
2015年読者の選ぶ赤ちゃんグッズに第1位になりました。

コスモウォーターはサーバーのレンタルは無料。
12リットルの天然水が1760円(税別)から購入できます。

コスモウォーターはいくつかの水が選べます。
お子さんのいるあなたは「古都の天然水」を選んでください。

くわしくは公式ページをどうぞ。
コスモウォーター・古都の天然水

 

残念ながら、
コスモウォーターは北海道、沖縄、離島には配達してくれません。

北海道に配達してくれる京都の水はオーケンウォーターがあります。

くわしくは公式ページをどうぞ。
オーケンウォーター・京都丹波の銘水

沖縄・離島に配達してもらえる京都の水は今のところありません。
ごめんなさい。
見つかったら報告します。

 

 

 

 - 飲み物と健康