手軽に水素濃度を測れる水素水濃度判定試薬MiZを使ってみました

      2016/10/30

 

水素水に本当に水素が溶けてるのか心配。
自分で水素濃度を測ってみたいと思ってる人も多いと思います。

でも、水に溶けてる水素濃度を測定するのはとても難しいのです。
何百万円もする測定機械がいります。
そんなに高い機械では使えませんよね。
5万円程度の装置もありますが、あれも簡易型で本当の水素の量ではありません。

そこで家庭でも簡単に測定できるアイテムがあるんです。

 

MiZの正体メチレンブルーとは何?

 

MiZという溶存水素濃度判定試薬です。
青い液体が入ってますね。この試薬の正体はメチレンブルーです。

メチレンブルーは鮮やかな青い色が特徴です。手についたらなかなか取れないので、気になる人は手袋をした方がいいかもしれませんね。

毒性は低いので手についても、健康には問題ありません。”メトヘモグロビン血症”という病気の治療薬として使われるくらいです。消毒薬としても使えますが、色が付いてしまうという欠点があるので人間の消毒には使いません。

魚を買ってる人なら、消毒薬に使ってる青い薬があるかもしれません。それはメチレンブルーを薄めたものなんですよ。

でもこの薬はかなり薄まってるので、水素水の測定には使えません。
何滴入れたらどの濃度になるのかわからないです。

 

MiZはメチレンブルーだけじゃありません

 

MiZに入ってるのはメチレンブルーだけではありません。

エタノールにメチレンブルーという試薬と白金コロイドを溶かしたものです。

エタノールはエチルアルコール。お酒に入ってるアルコールと同じです。MiZは99%アルコールなので、飲んだらきついはずです。飲む人はいないと思いますが、お子さんが口に入れないように気をつけましょう。

白金コロイドは無害です。

水素はメチレンブルーだけだと反応しにくいんです。だから触媒として白金が必要なんですね。でも、白金といっても入ってる量はものすごく微量。MiZを蒸発させても白金を取り出すのは出来ません(笑)。

 

こんな試薬で水素の濃度がわかるの?

MiZの定価は1500円。たったこれだけの値段で水素濃度を測ることができます。

でもそんなに安いもので何百万円もする装置と同じことができるの?って思いますよね。

そうなんです。高価な装置と同じように測ることはできません。

この試薬を使う方法簡易的な測定方法です。正確な値はわかりません
だいたいこのへんかな。くらいの正確さです。一滴ずつ落として色をみるので時間がかかると精度が落ちます。1~2滴は誤差があると思います。

それに水素だけに反応する試薬じゃないので正確な濃度はわからないんです。

でも、水素水として売ってる水なら。水と水素と微量のミネラルしか入ってません。
試薬と反応するものは水素しかないはずなんですね。

だから、水素の濃度を測る試薬として使えるんですよ。

ちなみに、メチレンブルーは鉄分にも反応します。
水道水にこの試薬を使って色が消えたら、水道管にサビが混ざってるのかもしれませんよ。

ちなみに5万円するハンディタイプの測定器具で測ってもだいたい似たような結果になります。
正確に測定するには何百万円もする測定機械がいります。なんでそんなことを知ってるかというと僕の勤めてた会社に機械があったから。水素だけを測る装置じゃなくて、いろんなガスの濃度が測れる高性能なやつでした。個人の物を測ってもらうことはできませんけどね(笑)。

 

MiZで水素水を測ってみました

 

このMIZを使って身近にあった水素水で試してみました。

今回使ったのは3種類の水素水。
伊藤園H2、プレミアムエイチツープラス、熊本県菊池の浸みわたる水素水
比較用に水道水とコントレックスも調べました。

水素水

 

測り方

MiZを使った測りかたはちょっとコツがいります。

セット内容はこれだけ。水を入れる容器と試薬の小瓶です。
miz2

 

容器の黄色い線(6ml)まで水を入れます。
真横から見たときに黄色い線に水の表面が隠れるくらいがちょうどいいです。
でも、もともと精度の低い測り方なので多少ずれても問題ありません。

MiZ測り方

試薬を一滴入れて青い色が消えるのを待ちます。
miz9
ただし、時間をかけると水素が抜けてしまいます。

一滴入れてこの程度に色が消えかかってるなら次の一滴を入れても大丈夫です。
miz4

この程度まで色が薄くなれば、ほっとけば色は消えます。
miz5

最後の方になると、なかなか色が消えにくくなります。
あまり振り混ぜると水素が逃げてしまいますが、
色が消えにくいようなら1、2回振ってみましょう。

この程度に色が付いたら、測定終了。
すべての水素を使い切ったということです。
miz6

慣れたら、色の消える速さでまだ入れても大丈夫ってわかるんですが。
はじめは入れては数秒待って色が消えるのを待つ。
というのを繰り返したほうがいいですね。

スーパーやドラッグストアで売ってる水素水は練習にはちょうどいいです。
5~10滴以内で測定が終わります。

慣れてから高濃度の水素水を測定した方がいいかもしれません。

水道水は一滴でこんなになります。
miz7

水素はほぼゼロでしょうね。

 

濃度の出し方

MiZは1滴で0.1ppm単位で測ることができます。

この試薬は水素濃度が0.2ppm以下のときは色の変化がわかりにくいです。
水に溶けている酸素の影響でわかりづらいそうです。
1滴で色が消えたら0.1+0.3で0.3ppm以上の水素があると判断します。
10滴まで透明だったのに、11滴で色が付いたら1.2ppmになります。

miz8

 

測定結果

MiZで水素水の水度濃度を測った結果がこれです。

水素濃度(ppm) 賞味期限
京都市水道水 0.2以下  
コントレックス 0.2以下  
伊藤園H2 0.6 2016.12.14
プレミアムH2プラス 0.7 2016.10.6
浸みわたる水素水 1.3 2016.12.1

測定日2016年8月4日。

0.2以下というのは、少なすぎて試薬の限界を超えてるからわからない。という意味です。
0かもしれないし0.1かもしれないです。

この中で一番水素濃度が高かったのは 浸みわたる水素水 ですね。水素濃度は1.3ppmと出ました。
お届け時には1.6ppmと書いてますが、1.6ppmは限界値なので家庭でこの値を出すのは難しいと思います。測り方の正確さを考えると十分高いといえるんじゃないでしょうか。

伊藤園とプレミアムH2プラスはその半分くらい。色が消える時の速さが全然違います。明らかに水素が少ないことがわかります。

浸みわたる水素水はメーカー直送。他の二つはドラッグストアで買いました。伊藤園のH2プラスは20%引きで売られてたやつ。製造されて時間がたってるのかもしれません。今回試した水素水の中では賞味期限が長いんですけど。アルミ缶は抜けやすいんでしょうか。

太田教授監修の”水素のチカラ”では水素水の最低基準として0.8ppm以上とあるので、この中で合格するのは染み渡る水素水だけですね。

出荷からの日数や、測定のばらつきもあるのでこの結果だけで水素が少ない。
と言い切るのは難しいですが。目安にはなると思います。

MiZはあまり保管できません

水素濃度測定試薬は99%アルコールなので蒸発します。アルコールが減るとメチレンブルーの濃度が濃くなってしまいます。すると少ない量でも反応が強く出てしまいます。
つまり水素濃度が実際よりも低く出てしまいます。
涼しいところに保管してなるべく早く使い切りましょう。

 

結 論

MiZは水素だけに反応する試薬ではありません。
保管状態や測定の仕方でもばらつきがあります。
でも、水素水として売られてる水を調べるなら。
入ってる成分でメチレンブルーに反応しそうなのは水素くらい。

大まかな水素含有量をを知るには十分使えると思います。

 

 - 水素水