硬水と軟水の違い

   

水

水には硬水と軟水があります。

水なのに硬い、柔らかいってどういうこと?

って思いませんか。

ミネラルを含んでいる量によって、硬水、軟水と区別されています。

硬水、軟水にはそれぞれ特徴があるのです。

 

硬水と軟水とは

 

水には硬度があります。

水に入ってるカルシウム(イオン)とマグネシウム(イオン)の量で水の硬度が決められているのです。

硬度は次の公式で決められています。

硬度=(カルシウムmg/L×2.5)+(マグネシウムmg/L×4.1)

L=リットル

WHO(世界保健機関)の決まりでは。

硬度が120ml/L以上の水は硬水。120未満を軟水となっています。

  軟水   硬水  
分類 軟水 中軟水 硬水 超硬水
硬度(mg/L) 0~60未満 60~120未満 120~180未満 180以上

 

なぜ高度の違う水があるの?

 

雨や雪などの水は地面にしみ込んで、地中にたくわえられます。
水は地中にいるあいだに、さまざまなミネラルを溶かし込んでいきます。

どんなミネラルを溶かしているかは、その土地の成分や水が土のなかにいた時間によってかわります。

外国では硬水が多く、日本では軟水が多いですね。

日本で軟水が多いのは、日本の土地は狭いので水が土の中を通る時間が短いためです。
カルシウム塩やマグネシウム塩を多く含む土地の水は硬度が高くなります。

 

硬度によって何が違うの?

 

おいしいと感じる水は軟水が多いといわれています。
日本で取れる水は軟水が多いので、日本人は軟水に慣れているからです。
軟水は癖がなく、まろやかでおいしいと感じます。
硬水は苦いとか重苦しいような味がして飲みにくいと感じます。

でも、外国では硬水が多いので外国人は硬水を平気で飲む人が多いです。

硬度による水の性質の違いをみてみましょう。

軟水の特徴

 

・くせがなく、まろやか。日本人には飲みやすい。
・栄養素を溶かす能力が高い。
 だしをとる。お茶、コーヒーを溶かすのに向いている。
・石鹸を溶かしこむ力が優れているので洗濯にも向いている。
・ミネラルの補充には向かない。
・日本製粉ミルクは軟水で溶かしたときに丁度よい栄養分になる。

 

硬水の特徴

 

・苦味、重苦しい感じがする。飲みにくいと感じる日本人が多い。
・栄養素を溶かす能力は軟水に劣る。
・素材の味を素材に閉じ込める料理に向いている。
・ミネラルの補充に向いている。
・粉ミルクを溶かすとミネラルの過剰摂取になるので危険。
・ミネラルが多いため体に合わない人は下痢する場合もある。
・石鹸の成分とミネラルが反応して石鹸かすとなるので洗濯が大変。

 

以上の様に、硬水と軟水には得意不得意があります。
目的によって使い分けましょう。

 

 - 水の知識 ,