女性が乾きやすいのはなぜ

      2016/03/24

hadanoteire

女性は乾きやすいやすいといいます。

なぜでしょうか。

もともと女性の体は水が少ないのです。

そんな馬鹿な。
と思うかもしれません。

人間の体には、水分の多いところと少ないところがあります。

それを知るとなぜ女性の体が水分が少ないのかわかります。

 

女性の体は水分が少ない

 

成人の体は体重の60%が水分だといわれます。
でも、これは男性の場合。

女性の水分量は男性よりも5%少ないです。

つまり成人女性の水分は55%ということです。

年齢によっても水分量は変わります。

男性の場合
25歳で60%だったものが。
70歳で50%になります。

女性の場合
25歳で55%だったものが。
70歳で45%になるということですね。

単純に考えると。
20代の女性の水分量は。
中年男性の水分量と同じくらい。
といえるでしょうか。

ショックですよね。

もちろん。
この数字は平均的な値なので、個人差があります。

でも、なぜこうなってしまうのでしょうか。

 

体の組織によって水分が違う

 

なぜ、女性と男性で体の水分の割合が違うのでしょうか。

hadanoteire

 

実は、体の組織によって水分が違うのです。

表1.体組織の水分の割合(%)

体の組織 水分(%)
皮膚 72
筋肉 75~80
脂肪 10~30

 

筋肉には75~80%の水が含まれています。
脂肪はほとんどが油なので水分は少ないです。

女性は男性よりも筋肉が少なくて脂肪分が多いですよね。
だから、女性の方が水分が少ないのです。

もちろん、同じ性別でも筋肉質な人の方が肥満の人よりも水分が多いです。

肥満の人がやたらと水分をとりたがるのは、熱を溜めやすいというのもあるかも知れまえんが。脂分が多くて水分をあまり溜めることができないことも理由のひとつなんですね。

 

皮膚の乾燥は肌のトラブルのもと

 

水分は細胞や、細胞と細胞の間に溜めています。肉は水を溜めるタンクの役目もしているんですね。

水分は皮膚から蒸発していきます。
失った水分は血液から補充されます。
血液の水分が減ると肉から余分な水分が補充されます。

でも、水を溜める筋肉が少ないと水の補充ができません。

筋肉の少ない人は水分が不足しがちになるということです。

つまり、女性の方が水分が不足しやすいということですね。

水を飲む女性

 

もちろん、みずみずしい肌を保つためには、たんぱく質、ミネラル、ビタミンの補充が欠かせません。活性酸素を防ぎ、血行をよくしして新陳代謝を活発にしましょう。

それとともに、水分補給もこまめにすることが大切です。

 

 

 - 水の知識 ,