コラーゲン食べてもむだ?体の中で作る方法

コラーゲン食べてもむだ?体の中で作る方法

bihada

ハリと潤いのある肌のためにコラーゲン。
コラーゲンを食べれば美肌になれる。
と信じている人も多いと思います。
残念ですがコラーゲンを食べても美肌になるとは限りません。
コラーゲンには大きな誤解があったのです。

コラーゲンは人間の体の6~7%。
人間の体を作るタンパク質の3割を占める大切な成分です。
もちろん、お肌の弾力を保つために必要な成分です。

コラーゲンは20歳をピークにどんどん体内で作られる量が減っていきます。
歳をとると肌のハリがなくなりしわが増えるのはそのためなんですね。

 

食べたコラーゲンは分解されちゃう

豚足

 

せっかくコラーゲンを食べても、胃腸の中で全て分解してしまいます。
実はコラーゲンを分解したものが、”ゼラチン”。
だからゼラチンを食べても効果は一緒なのです。
さらに、ゼラチンも分解されてアミノ酸になってしまいます。
分解されたアミノ酸は一部再利用できない部分があるので体の外に棄てられます。

残ったアミノ酸は体内で栄養として活用されますが、お肌のコラーゲンに使われるのはほんの一部。
むしろコラーゲンばかり食べていると体内のアミノ酸の成分が偏ってしまうので悪い影響がでます。
コラーゲンを食べた後、にきびが増えたとか感じる人もいるはず。

じゃあ、お肌を作るコラーゲンはどこから来ているのかというと。
他の食べ物から取り入れたアミノ酸を使って体の中で作っているのです。

肉や魚などタンパク質と豆類を食べればコラーゲンは作れるんですね。

鶏肉

でもそのときにビタミンCとシリカがなければコラーゲンは作れません。

ビタミンCは果物やサプリから取れますね。

でも、シリカはどうやってとればいいのでしょうか。
ひえやアワといった雑穀には多く含まれています。
現代人があまり食べないようなものですね。

だから現代人には不足しているのです。

でも、もっと簡単に取る方法があります。

 

コラーゲンに必要なミネラルはシリカ

 

コラーゲンを作るために大切なミネラルはシリカ。

シリカを手軽に補給できる水。

それがシリカ水

ハリウッド女優が飲んでるミネラルウォーターだというので話題になってます。

フィジーウォーター

 

国内でもモデルや女優さんが飲み始めたとか。

なんでいいのかというと。

コラーゲンを作るためにたいせつなミネラル
「シリカ」がたっぷり入ってるからなんですね。

シリカをじゅうぶんとっていないと、
しっかりとハリのある肌は作れないんです。

たんぱく質をたっぷりとって。
ビタミンCとシリカを取り入れて。
じゅうぶんな睡眠があればコラーゲンは体の中でつくることができます。

コラーゲン食べるよりも、
まずはタンパク質とビタミン、ミネラルの補給をしましょう。

 

こちらもおすすめ シリカ水の記事一覧

シリカ水比較リスト・シリカが多い水は?

 

シリカ水カテゴリの最新記事