シリカ水が赤ちゃんによくない理由

      2016/04/07

赤ちゃん

赤ちゃん

 

健康と美容にいいシリカ水。

自分は飲みたいけど。
赤ちゃんにもいいのか気になりますよね。

結論からいうと。
赤ちゃんにはあまりよくありません。

健康にいい水なのにどうして?

その理由はこうです。

 

シリカ水が赤ちゃんによくない理由

 

シリカそのもののは赤ちゃんには影響はないと考えられています。

でも。どうしてやめた方がいいのでしょうか。

それは、シリカ水がミネラルウォーターの仲間だからです。

たとえば。
代表的なシリカ水の成分はこうなってます。

シリカ    97mg
カルシウム  31mg
マグネシウム 14mg
カリウム    6mg
ナトリウム  19mg
硬度     135mg

日本の水は硬度20~50が多いです。

水の硬度はカルシウムとマグネシウムの濃度から計算しています。
硬度の高い水を飲むと、胃腸の弱い人は下痢をおこします。

日本人が外国の水を飲むと下痢をするというのは、外国の水が硬水だという理由もあります。
(もちろん、衛生状態が悪いところの水でお腹をこわすこともあります)

赤ちゃんや3歳くらいまでのお子さんには、ミネラルの多い水は胃腸に負担がかかります。
日本の粉ミルクは、硬度100以下の軟水で溶かすことを想定して作られています。
地域によって多少の違いはありますが、日本の水道水は硬度50以下だからです。
場所によっては水道水でも硬度70のところもあります。

だからミネラルの多い硬水でミルクを作ってしまうとミネラルが多すぎて体を壊してしまうんですね。
下痢しているようなら直ちに水を替えてみましょう。

赤ちゃんに優しい水は硬度100以下の水です。

ミネラルのほとんど入っていないRO水は赤ちゃんに優しいです。
ピュアウォーターと呼んでいるメーカーもあります。

ミネラルウォーターでも軟水なら問題ありません。

シリカ水ではありませんが、硬度30の京都の水は赤ちゃんに優しい水です。

赤ちゃんにやさしいウォーターサーバー「古都の天然水」

 

まとめ

 

・シリカは害はない。
・硬度の高い水は胃腸の弱い人は下痢をする。
・赤ちゃんがミネラルの多いシリカ水を飲むと下痢をする。
・赤ちゃんに優しい水は硬度50以下。

 

 

 

 

 - シリカ水